● UVカット加工


U-A UVカット加工

 


紫外線遮蔽(UVカット)加工とは、紫外線吸収剤を繊維に付与することです。
紫外線を吸収もしくは反射することによって紫外線を遮断し、人間の皮膚に
到達させない加工です。

参考 UVとは
肌のトラブルの原因である3つの紫外線を効果的にカットし肌を守ります。 UV−A、UV−B、UV−Cの紫外線を効果的にカットして肌を守ります。
 

UV-A 320〜400nm 


皮膚の真波に吸収され皮膚を黒化作用を起こす。シミ、ソバカスの原因となり老化 を助長する。
 


UV-B 280〜320nm 
 

皮膚の真波に吸収され皮膚の炎症を起こす。


UV-C 200〜280nm 
 

発ガン性の波であるがオゾン層に吸収されて地上には達
しない。
   


参考  UV評価基準
 

・評価基準
次の条件が満たされること。
@加工品の透過率が、未加工品の透過率の50%以下であること。
A@を満たすものについて、遮蔽率の多少により次のランク付けを行う。
紫外線遮蔽率(%)=100−紫外線透過率
 


基準値
 

等級


遮蔽率が90%以上のもの
 

A級

遮蔽率が80%以上90%未満のもの
 
B級

遮蔽率が50%以上80%未満のもの
 
C級

・表示(表現)方法

(例)紫外線遮蔽加工 A級(紫外線遮蔽率90%以上)
    紫外線遮蔽加工 B級(紫外線遮蔽率80%以上)
    紫外線遮蔽加工 C級(紫外線遮蔽率50%以上)