● 撥水加工


U-B 撥水加工

 


布地に撥水剤(フッ素樹脂)を浸透させ、高温で処理することで
生地の表面に水の粒子を弾く撥水層をつくります。 この加工を
施すことにより雨によるウォーターマークを防いたり汚れを
つきにくくしたりします。
液滴がはじくという現象は、液滴の表面張力(水72.75)が対象となる固相の表面張力(フッ素樹脂10〜15)より著しく大きい場合に発生します。

 

                     
撥水の原理


撥水の原理は、布コンの表面に疎水性末端基
であるフッ素樹脂で覆い表面張力を低下させます。

液滴がはじくという現象は、液滴の表面張力
(水72.75)が対象となる固相の表面張力
(フッ素樹脂10〜15)より著しく大きい場合に発生
します。


表面張力がそれほど大きくない「水」をはじかせる
ため、表面張力の低い物質(撥水剤)を被処理物に塗布し、
被処理物の表面張力を著しく低下させるのが
「撥水加工の原理」
なのです。
 


液体
 
表面張力


 
単位 mN/m
アセトン 23.3
ベンゼン 28.9
エタノール 22.55
n-ヘキサン 18.4
メタノール 22.6
n-ペンタン 16
水銀 476
72.75


追記  撥水加工


1 レーヨン等セルローズ系織物とニットには突然の雨でも安心です。
    撥水機能があれば雨にぬれにくいです。ウォーターマーク防止にも有効です。

2  汚れにくいという防汚機能もあります。